医療の現場における小児科の問題点とその対策

医療機関の小児科の選び方

住んでいる街にたくさんの小児科があるのであれば、その中から自分のお気に入りの小児科を見つけるといいでしょう。小児科を選ぶ基準はたくさんあります。例えば一つの基準としては、信頼できる先生かという事です。もしも湿疹などができていた場合に、その湿疹が何か一目でわかる先生もいます。しかし、もしかすると誤診の可能性もあります。誤診であれば、薬をもらってもいつまでたっても治るはずがありません。ですので、そういった誤診をしない先生を選んだ方が安心です。例えば病気を決めつけるのではなく、きちんと検査をしてくれる先生の方が安心できるでしょう。そして、しっかりと説明をしてくれる先生が安心です。

もしも説明が不十分だと感じたときには、こちらからの質問にきちんと答えてくれるかも気にしておきたい点です。わからないことがあった時に質問に答えてくれなかったり、はぐらかされるような先生であれば、相談をすることもできません。例え忙しい時間帯だったとしても、きちんと対応してくれる先生の方が安心でしょう。そして子供の目線で考えてみるとどうでしょうか。小児科の中には、いかにも医療機関といった形で、怖い印象を持ってしまうようなところもあります。それでは、子供は怖くなってしまい泣き出してしまうかもしれません。あまりにも泣くようであれば、診察もしにくくなりますし、注射や点滴などもしにくくなります。ですので子供の目線で考えると、あまり怖い印象を持たないような小児科がいいでしょう。